FC2ブログ
2037-12-31(Thu)

このブログについて

2014年10月〜2015年3月にかけて中日文化センターで開かれた「ビブリオバトル入門講座」の受講生を中心に、講座修了後も定期的にビブリオバトルを開催するため、「名古屋ビブリオバトルの会」というサークルをつくりました。

名古屋で、一般人向けのビブリオバトルを開催しています。
老若男女どなたでもお気軽にご参加ください。

ビブリオバトルとは、参加者が「お薦めしたい本」を持ち寄り、各々5分間のプレゼンテーションとディスカッションを行い、本の魅力を紹介し合う新しいタイプのイベントです。

詳しくは「ビブリオバトルとは」「ビブリオバトルの公式ルール」をご覧ください。

また、知的書評合戦ビブリオバトル公式ウェブサイトもご参照ください。


【次回開催日】
3月14日(土)、ビブリオバトル開催します。
詳しくは→こちらのページ←をご覧ください。




スポンサーサイト



2020-01-26(Sun)

3月14日(土)ビブリオバトル開催します

「名古屋ビブリオバトルの会」による、26回目のビブリオバトル開催のお知らせです。


日時:3月14日(土) 午後2時〜4時

場所: 鶴舞中央図書館 1階 第1集会室
   (→アクセス)

参加費: 無料

持ち物: おすすめしたい本1冊

     
  ※紹介する本は、小説、絵本、漫画など、「本」であれば何でも可

原則として参加者全員が5分間のプレゼンをする形式ですが、初参加の方は見学のみでもOKです。

事前申し込みは不要です。直接会場にお越しください。

万が一、定員超過となった場合は、先着順とさせていただきます。
(開場は午後1時40分頃を予定しています。)




2020-01-25(Sat)

第25回ビブリオバトル終了しました

1月25日(土)、鶴舞中央図書館第2集会室にて、第25回ビブリオバトルが無事終了しました。
前回よりも参加者は少なかったのですが、ちょうどいい人数でゆったり発表することができました。

今回のビブリオバトルで紹介されたのは、こちらの9冊です。

☆アガサ・クリスティー『春にして君を離れ』
●ガブリエル・ゼヴィン『書店主フィクリーのものがたり』
☆スー・タウンゼンド『女王様と私』
●ヴァレンタイン・デイヴィス『34丁目の奇跡』
☆モンゴメリ/松本侑子訳『赤毛のアン』
●小林薫『ザ・カクテル』
●三浦耕喜『ヒトラーの特攻隊――歴史に埋もれたドイツの「カミカゼ」たち』
☆スティーヴン・ホーキング『ビッグ・クエスチョン―〈人類の難問〉に答えよう』
●曾野綾子『人生の収穫』


25回ビブリオバトル


チャンプ本は、『春にして君を離れ』『女王様と私』『赤毛のアン』『ビッグ・クエスチョン』の4冊が、同票一位になりました!
票が割れましたが、当会では決選投票は行わないことにしているため、4冊すべてがチャンプ本です。

参加してくださった皆様、発表してくださった皆様、ありがとうございました。


次回は3月14日(土)、第1集会室での開催となります。
見学だけでも結構ですので、お気軽にご参加ください。

また、ビブリオバトルのない偶数月に、非定例読書会を開催しよう、という話も持ち上がっています。
詳しくはまた決まり次第、当ブログでお知らせする予定です。

今後とも名古屋ビブリオバトルの会をよろしくお願いいたします!




2019-11-24(Sun)

2020年1月25日(土)ビブリオバトル開催します

「名古屋ビブリオバトルの会」による、25回目のビブリオバトル開催のお知らせです。


日時:2020年1月25日(土) 午後2時〜4時

場所: 鶴舞中央図書館 1階 第2集会室
   (→アクセス)

参加費: 無料

持ち物: おすすめしたい本1冊

     
  ※紹介する本は、小説、絵本、漫画など、「本」であれば何でも可

原則として参加者全員が5分間のプレゼンをする形式ですが、初参加の方は見学のみでもOKです。

事前申し込みは不要です。直接会場にお越しください。
※今回の会場は、奥の第2集会室です。お間違えのないようにご注意ください。

万が一、定員超過となった場合は、先着順とさせていただきます。
(開場は午後1時40分頃を予定しています。)




2019-11-23(Sat)

第24回ビブリオバトル終了しました

11月23日(土・祝)、鶴舞中央図書館第2集会室にて、第24回ビブリオバトルが無事終了しました。
11月にしては暖かい日差しの中、今回もたくさんの参加者に集まっていただきました。

発表希望者も多かったのですが、狭い第2集会室での開催のため、質疑応答を2分間に短縮して、1グループで発表することに。

今回のビブリオバトルで紹介されたのは、こちらの12冊です。

●武富健治『鈴木先生』
●本川達雄『ウニはすごい バッタもすごい』
●かげはら史帆『ベートーヴェン捏造 名プロデューサーは嘘をつく』
●川上和人『鳥類学者 無謀にも恐竜を語る』
●ウェンディ・ムーア『理想の花嫁と結婚する方法』
☆レベッカ・ステッド『きみに出会うとき』
●山里亮太『天才はあきらめた』
●ネヴィル・シュート『渚にて』
●京極夏彦, 柳田國男『遠野物語remix』
●出口典雄 (監修) 『一冊でわかるシェイクスピア作品ガイド37』
●小林泰三『アリス殺し』
●マルク=ウヴェ・クリング『クオリティランド』

24回ビブリオバトル

チャンプ本は、『きみに出会うとき』に決まりました!


1グループでのビブリオバトルは、全員の発表を聞くことができるため、2グループに分けて実施するよりも、満足感が大きいように思います。
長丁場のバトルに参加してくださった皆様、発表してくださった皆様、ありがとうございました。


次回は来年1月25日(土)、今回と同じく第2集会室での開催となります。
また皆様とビブリオバトルでお会いできる日を、楽しみにしています!




プロフィール

名古屋ビブリオバトルの会

Author:名古屋ビブリオバトルの会

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR