fc2ブログ
2037-12-31(Thu)

このブログについて

2014年10月〜2015年3月にかけて中日文化センターで開かれた「ビブリオバトル入門講座」の受講生を中心に、講座修了後も定期的にビブリオバトルを開催するため、「名古屋ビブリオバトルの会」というサークルをつくりました。

現在は鶴舞中央図書館様と共催で、一般人向けのビブリオバトルを開催しています。
老若男女どなたでもお気軽にご参加ください。

ビブリオバトルとは、参加者が「お薦めしたい本」を持ち寄り、各々5分間のプレゼンテーションとディスカッションを行い、本の魅力を紹介し合う新しいタイプのイベントです。

詳しくは「ビブリオバトルとは」「ビブリオバトルの公式ルール」をご覧ください。

また、知的書評合戦ビブリオバトル公式ウェブサイトもご参照ください。






スポンサーサイト



2024-02-11(Sun)

2024.2.10『メタバースでバトろう!ビブリオバトル』に協力・参加しました

名古屋市図書館の100周年記念事業として「NAGOYA メタバース図書館」が開館中(3月末まで)ですが、本日、そのメタバース空間を舞台に、ビブリオバトルが開催されました。
名古屋ビブリオバトルの会はこのイベントに協力して進行役を務めると共に、日頃、会に参加していただいている複数の方がバトラーとして参加しました。

ビブリオバトルの様子は、インターネット上の仮想空間である「メタバーズ図書館」の中にリアル映像として挿入され、中継されました。一方、同空間には観戦者の方々がアバターとして現れ、発表者との質疑応答にチャットで参加したり、チャンプ本の投票に加わったりしました。
通信障害などのハプニングもありましたが、全国初の試みとして、大きな開催意義があったと思います。

以下、参考までに発表されました本を順に紹介します。

①「集中講義・精神分析 上下」藤山直樹著 岩崎学術出版社
 → 上巻は精神分析とは何かやフロイトの仕事、下巻はフロイト以後の研究者について論じる講義録。分かりやすい。
②「大人は泣かないと思っていた」寺地はるな著 集英社
 → 32歳男性が主人公。家族や結婚の「こうあらねばならない」から解き放ってくれる連作短編集。
③「ログ・ホライズン1 異世界のはじまり」燈乃ままれ著 KADOKAWA
→ 日本人3万人がオンラインゲーム閉じ込められ、メタバース空間で格闘しながら世界を変えていく。全10巻。
④「時のきざはし 現代中華SF傑作選」立原透邪編 新紀元社
→ 中華圏のSF作品から17作を紹介。「三体」を始めとして発展著しい中国・台湾SFを象徴する作品群。
⑤「愛されてんだと自覚しな」河野裕著 文藝春秋
→ 輪廻転生の呪いをかけられた男女による千年の縦糸と、ルームメイトと今を謳歌する女の横糸を描くファンタジー 。


発表後、メタバース空間の観戦者の皆さんと実会場の発表者等の投票を加算した結果、④「時のきざはし 現代中華SF傑作選」がチャンプ本に選ばれました。おめでとうございます!

IMG_1696.jpg

2024-02-10(Sat)

2024.3.16(土)ビブリオバトルを開催します!

今年度最後のビブリオバトルを下記の要領で開催します。初めての方も、見学の方も大歓迎です。

日 時:2024年3月16日(土)午後2時から  
    * 所要時間は1時間半程度です。
場 所:鶴舞中央図書館 第一集会室(1階)
その他:事前予約、参加費などは不要です。
    紹介したい本を1冊ご持参ください。(見学の方を除きます)

2024-01-20(Sat)

2024.1.20開催のビブリオバトルの報告です1

新年第一回目のビブリオバトルを開催しました。
足元が悪く寒い中を9名の方が参加してくださいました。内、見学者の方は3名でした。
以下、紹介いただいた本を発表順に紹介します。

①「未明の砦」太田愛著 KADOKAWA
 ⇨ 共謀罪の嫌疑をかけられた非正規工員4人の若者と警視庁の闘い。暗躍する官僚や所轄署の刑事も蠢く。
②「月ぞ流るる」澤田瞳子著 文藝春秋
 → 平安中期を舞台に「栄華物語」の作者朝児の視点で、権力をめぐる宮廷内の政争を描く。
③「らも咄」中島らも著 角川書店
 → 戯曲、エッセイ、演奏など多方面で才能を発揮した著者による新作上方落語集。
④「若い読者のための哲学史」ナイジェル・ウォーバートン著 イエール大学出版局
 → 古代から現代に至る西洋の哲学者が提唱した、生き方についての解説書。
⑤「東大教授が語り合う10の未来予測」瀧口友里奈編 大和書房
 → 科学の最前線で研究する東大教授11名が座談会形式で語る近未来の展望。
⑥「セントエルモの光」天川栄人著 講談社
 → 高校の天文部に入った1年生の女子生徒が、部の存続のために奔走する。


発表後の投票の結果、①「未明の砦」がチャンプ本に選ばれました。おめでとうございます!

次回のビブリオバトルは、3月20日(土)午後2時から
鶴舞中央図書館第一集会室で開催予定です。
開催します。(1時間〜1時間半程度)参加予約や会費は不要です。
発表される方はもちろん、見学のみでも大歓迎です。お待ちしています!


IMG_1689.jpg





2024-01-12(Fri)

2024.1.20(土)ビブリオバトルを開催します!

新年一回目のビブリオバトルを下記のとおり開催したします。
紹介したい本がある方はぜひお越しください。また、見学だけを希望される方も結構です。
いずれも事前予約は不要です。


日 時:2024年1月20日(土)午後2時からスタート
    * 全体の所要時間は最大で1時間半くらいです。
場 所:鶴舞中央図書館 第一集会室(1階)
その他: 紹介本を1冊ご持参ください。(コミックも可)
    参加費用は無料です。

プロフィール

名古屋ビブリオバトルの会

Author:名古屋ビブリオバトルの会

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR