2015-02-25(Wed)

5分間のプレゼンテーションで何を話すか?

ビブリオバトルでは、各々がおすすめしたい本を、5分間のプレゼンテーションで紹介します。
5分はタイマーで計り、時間厳守。
なので、話す内容はある程度、前もって決めておいた方がスムーズに発表できるでしょう。

5分間はどのように使っても構いませんが、以下に話す内容の例を挙げておきます。

●本のあらすじ
●著者情報
●面白かったところ
●その本との出会い
●読んでほしい人
●その他
「○○大賞を取った、発行年、発行部数、値段」



ライブ感を重視するため、前もって用意した原稿を読み上げるのは避けてください。
メモを見ながら話したり、本に付箋を貼ってその部分を紹介するのはOKです。


知的書評合戦ビブリオバトル公式サイト内にある、下記のページもご参照ください。
◎なぜ5分なのか?
◎5分の使い方



スポンサーサイト
2015-02-24(Tue)

ビブリオバトルの公式ルール

【公式ルール】

1. 発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる。

2. 順番に一人5分間で本を紹介する。

3. それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う。

4. 全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員一票で行い、最多票を集めたものを『チャンプ本』とする。





【ルールの詳細】

1. 各発表参加者が自分で読んで面白いと思った本を持ってきて集まる。

 a. 他人が推薦したものでもかまわないが、必ず発表者自身が選ぶこと。

 b. それぞれの開催でテーマを設定することは問題ない。



2. 順番に一人5分でカウントダウンタイマーをまわしながら本を紹介する。

 a. 5分が過ぎた時点でタイムアップとし発表を終了する。

 b. 原則レジュメやプレゼン資料の配布等はせず、できるだけライブ感をもって発表する。

 c. 発表者は必ず5分間を使い切る。



3. 紹介された本について2~3分のディスカッションを行う。

 a. 発表内容の揚げ足をとったり、批判をするようなことはせず、発表内容でわからなかった点の追加説明や、「どの本を一番読みたくなったか?」の判断を後でするための材料をきく。

 b. 全参加者がその場が楽しい場となるように配慮する。

 c. 質問応答が途中の場合などに関しては、ディスカッションの時間を多少延長しても構わないが、当初の制限時間を大幅に超えないように運営すること。



4. 全発表参加者に紹介された本の中で「どの本を一番読みたくなったか?」を基準に参加者全員で投票を行い最多票を集めたものを チャンプ本 として決定する。

 a. 紳士協定として、自分の紹介した本には投票せず、紹介者も他の発表者の本に投票する。

 b. チャンプ本は参加者全員の投票で民主的に決定され、教員や司会者、審査員といった少数権力者により決定されてはならない。


参加者は発表参加者、聴講参加者よりなる。全参加者という場合にはこれらすべてを指す。


◎出典:知的書評合戦ビブリオバトル公式サイト〜「ビブリオバトル公式ルール」より


2015-02-23(Mon)

ビブリオバトルとは

ビブリオバトルとは、ゲーム感覚を取り入れた新しいタイプの「書評合戦」。
参加者が「お薦めしたい本」を持ち寄り、各々5分間のプレゼンテーションで本の魅力を紹介し、その後のディスカッション経て、最後に一人一票で「チャンプ本」を決定します。

コンセプトは

「本を通じて人を知る。人を通じて本を知る。」


本を読むのは好きだけど、読んだ本について話す場がない。
自分の知らない分野の本に出会いたい。
読書好きの人たちと、語り合いたい。
そんな人たちに、ビブリオバトルは支持されています。


また、ビブリオバトルに参加することによって、

「聞く力」(理解する、質問する、話を広げる力)
「話す力」(コミュニケーション能力・プレゼンテーション能力)
「読む力」(本に書かれていることを整理したり、考察を深める力)

が身に付いていきます。


「よい本に出会いたい」「本について話したい」「自分の視野を広げたい」と思っている方は、ぜひ一度参加してみてください。


より詳しいルールについては、「ビブリオバトルの公式ルール」のページをご覧ください。


◎参考URL:知的書評合戦ビブリオバトル公式サイト 〜歴史
 2007年に京都大学の情報系研究室でビブリオバトルが誕生した経緯について書かれています。


2015-02-22(Sun)

ビブリオバトルお問い合わせ

現在、お問い合わせフォームは休止しております。
何かご質問等ありましたら、こちらのコメント欄にお願いします。




プロフィール

名古屋ビブリオバトルの会

Author:名古屋ビブリオバトルの会

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR