2017-08-20(Sun)

第12回ビブリオバトル終了しました

8月19日(土)、鶴舞中央図書館第1集会室にて、第12回ビブリオバトルが無事終了しました。

残暑厳しい中の開催で、参加者は少ないかと思いきや、予想外にも多くの方にお越しいただき、発表者10名の過去最長バトルとなりました。

今回のビブリオバトルで紹介されたのは、こちらの10冊です。

●松本清張『或る「小倉日記」伝』
☆深沢正雪『パラレル・ワールド』
●たっく『必要十分生活』
●リチャード・ブローティガン『愛のゆくえ』
●四元康祐『偽詩人の世にも奇妙な栄光』
●塩野七生『わが友マキアヴェッリ』
☆ステファノ・フォン・ロー『小さい“つ”が消えた日』
●レイモンド・チャンドラー『長いお別れ』
●恩田陸『蜜蜂と遠雷』
☆エルヴィン・シュレーディンガー『精神と物質』

チャンプ本は、深沢正雪『パラレル・ワールド』ステファノ・フォン・ロー『小さい“つ”が消えた日』エルヴィン・シュレーディンガー『精神と物質』の3冊が、同票1位になりました。

第12回ビブリオバトル

今回チャンプとなられた3名は、発表初参加の方ばかりでした。

長丁場のバトルに参加してくださった皆様、発表してくださった皆様、ありがとうございました。

次回は10月14日(土)に開催予定です。
また皆様とお会いできる日を、楽しみにしています!




スポンサーサイト
プロフィール

名古屋ビブリオバトルの会

Author:名古屋ビブリオバトルの会

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR