2017-06-18(Sun)

第11回ビブリオバトル終了しました

6月17日(土)、鶴舞中央図書館第1集会室にて、第11回ビブリオバトルが無事終了しました。
今回は、当会史上最年少の中学生バトラーも登場し、発表者8名の賑やかなバトルになりました。

今回のビブリオバトルで紹介されたのは、こちらの8冊です。

●シェイクスピア『ハムレット』(ちくま文庫)
●越智啓太『美人の正体』
☆桐野夏生『夜の谷を行く』
●津村耕司『宇宙はなぜ「暗い」のか?』
●白井裕子『森林の崩壊』
●宮沢賢治『銀河鉄道の夜』(角川文庫)
●加東大介『南の島に雪が降る』
☆ジョン・ロンソン『ルポ ネットリンチで人生を壊された人たち』

チャンプ本は、桐野夏生『夜の谷を行く』ジョン・ロンソン『ルポ ネットリンチで人生を壊された人たち』に決まりました!
偶然にも、人間集団の闇の部分を抉り出した本が二冊、同票一位になりました。

参加してくださった皆様、お疲れさまでした。

次回は、8月19日(土)を予定しています。
ビブリオバトルが初めての方も、お気軽にご参加ください。




スポンサーサイト
プロフィール

名古屋ビブリオバトルの会

Author:名古屋ビブリオバトルの会

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR