FC2ブログ
2018-07-09(Mon)

第17回ビブリオバトルを終了しました

7月7日(土)、いつもの会場である鶴舞中央図書館第1研修室で開催しました。

午後2時からの開始十数分前にはすでに多数の参加者が参集されていましたので、今回は思い切って2グループに分けて実施することにしました。
構成は、Aグループに発表者7名と見学者3名の計10名、Bグループに発表者8名です。
同時進行のため、相手グループの発表は耳にすることができません。しかし、無理のない人数で比較的ゆったりと進められたことはメリットでした。

今後も試行錯誤しながら、より良い運営を心がけたいと思います。

さて、発表本は次の通りです。
Aグループ
・ 『偶然のチカラ』 植島啓司 (集英社新書)
・ 『城崎へかえる』 湊かなえ (城崎温泉にて地域限定発売・books-onnsenn.com)
・ 『源氏物語 ウェイリー版』 アーサー・ウェイリー (平凡社ライブラリー・全4巻)
・ 『柳生忍法帖 上・下』 山田風太郎 (時代小説文庫・富士見書房)
・ 『星の王子さま』 サン・テグジュペリ著・池澤夏樹訳 (集英社)
・ 『ゾルゲ事件 獄中日記』 リヒアルト・ゾルゲ (岩波現代文庫)
・ 『坊っちゃん』 夏目漱石 (岩波文庫)

IMG_0618_20180709021108bcc.jpg

Aグループのチャンプ本は『星の王子さま』でした。おめでとうございます。

Bグループ
・ 『最後のイタコ』 松田広子 (扶桑社)
・ 『ルネッサンス巷談集』 フランコ・サケッティ (岩波文庫)
・ 『ヘンな論文』 サンキュータツオ (角川文庫)
・ 『枠を壊して自分を生きる』 石黒浩 (三笠書房)
・ 『赤頭巾ちゃん気をつけて』 庄司薫 (中公文庫)
・ 『とんでもない死に方の科学』 コーディー・キャシディー、ポール・ドハティー (河出書房新社)
・ 『黄色い本』 高野文子 (講談社)
・ 『おカネの教室』 高井浩章 (インプレス)

IMG_0619.jpg

Bグループのチャンプ本は『おカネの教室』でした。おめでとうございます。

次回のビブリオバトルは9月15日(土)午後2時から鶴舞中央図書館第1集会室で行います。
初めての方や見学のみの方も歓迎です!



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

名古屋ビブリオバトルの会

Author:名古屋ビブリオバトルの会

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR