FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018-09-17(Mon)

第18回ビブリオバトルの報告です。

9月15日(土)、鶴舞図書館の第1研修室で実施しましたビブリオバトルの報告です。

スッキリしない天気でしたが、いつものメンバーを中心に12名が集まりました。
今回は主催者サイドの2人が司会・運営にまわり、他の参加者に発表(1人は見学)していただく形をとったので、ひとグループで実施できました。
ひとグループですと一体感が得られる点が良いですね。

さて、発表本は次のとおりです。(発表順)
・ 『バーナード嬢曰く。』 施川ユウキ 一迅社(コミック・全4巻)
・ 『夢の猫本屋ができるまで』 井上理津子 ホーム社
・ 『白鯨』 メルヴィル 角川文庫(上下)
・ 『星月夜の夢がたり』 光原百合 文藝春秋
・ 『MY ROOM』 ジョン・サックレー ライツ社
・ 『ラブロマ』 とよ田みのる 講談社(コミック・全5巻)
・ 『陪審手引』 四宮啓 現代人文社
・ 『ハリー・オーガスト、15回目の人生』 クレア・ノース KADOKAWA
・ 『人体の冒険者たち』 ギャヴィン・フランシス みすず書房

投票の結果、『星月夜の夢がたり』と『ハリー・オーガスト、15回目の人生』が同數のチャンプ本となりました。
おめでとうございます!

IMG_0649.jpg

次回は、11月17日(土)の午後2時から、鶴舞図書館(第2研修室)において行います。
見学だけでもけっこうです。ぜひお越しください!




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

名古屋ビブリオバトルの会

Author:名古屋ビブリオバトルの会

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。